最先端技術を導入 最大級出力6Kw半導体レーザ肉盛溶接機

新日本溶業株式会社

プレエントリー説明会予約

私たちの事業

新日本溶業は、お客様の使用用途に合わせた新材料を自社で開発し、その材料を部品の表面に肉盛溶接し、新しい機能を付加させることを基本方針に事業展開しています。また、独自の溶接技術をコアに難溶接材料である合金鋼の溶接構造物を製作しています。溶接技術と新材料開発をコアに摩耗対策のコンサルタント&エンジニアリング企業として各産業分野のニーズに応えてユーザーから高い評価を頂いています。

  1. 最先端技術を導入 最大級出力6Kw半導体レーザ肉盛溶接機

    最先端技術を導入 最大級出力6Kw半導体レーザ肉盛溶接機

    他所ではできない加工を担うためにも、高性能の機材を導入。2014年4月、高付加価値の肉盛溶接部品を提供するために最大級出力の半導体レーザ肉盛溶接機を、また材料開発推進のために高性能の走査型電子顕微鏡を導入しました。このように、技術投資は惜しみません。当社で肉盛熔接をした製品は、石油精製や製鉄プラントなど。熱・腐食・摩耗など厳しい環境で使用されるため、より一層高い技術が求められます。700~800℃近い環境下で、数ヶ月使い続けられる製品を作る。それができるからこそ、当社製品の価値が認められ、多くの企業様にご利用いただいています。

  2. 最大直径4m、重量30t、国内で数社しか作れない大型製缶ギア

    最大直径4m、重量30t、国内で数社しか作れない大型製缶ギア

    自動車のボディラインの板金・プレス機、大型減速機で使用される大型ギア。このギアの製造工程を、当社では自動化に成功しています。当社の溶接技術を用いて、異種金属材料を使用して製造。従来の鋳鋼制ギアと比べると、高精度・高耐久・低重量化した製品を生み出しています。当社の商品のニースは高く、現在は大手建機メーカーの指定工場として、この特殊な大型製缶ギアを製造。この他にも、技術を活かした様々な新素材開発を行い、時代の最先端を走り続けます。

  3. 世界で貢献する新日本溶業の技術。

    世界で貢献する新日本溶業の技術。

    当社ニーズは拡大しており、廃棄物を資源化して環境に貢献できる「減容圧縮成形機」は、産業廃棄物を燃料として製造することが可能なことから、インドネシアで年間2500万トン廃棄されているアブラヤシ殻を、燃料として活用するためのJICAの「案件化調査事業」で使用されました。インドネシアの環境問題の解決に一役買う一大事業でもあります。技術が向上すれば、世界から需要が出てくる一例です。このようにグローバル化も進んでおり、弊社の可能性が拡がっていることは間違いありません。夢に応える技術は、ここにあります。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

仕事内容

<技術職として、総合的な知識と技術を身に付けることからスタート>
入社後は当社のモノづくり全般を学んでいただくために、3か月程度を目安にジョブローテーションしていただく予定です。
各部門の技術と知恵にあなた自身が直接ふれることで、新しい技術が生まれ、新しい発見があると期待しています。
●ゆくゆくは生産管理・品質管理のほか、新素材開発などエンジニアとしてのフィールドを用意しています。

募集職種

<技術系総合職~理系対象~>

■生産・品質管理・設計関連職
製造部門の工程管理、資材の発注や購買、外注先の管理・指導、製造原価の管理などの仕事になります。材料・部品を選択して、「新日本溶業の製品」に仕上げ、お得意先へ納入するまでの「過程を管理する」のが主な仕事となります。「過程を管理する」ところに面白さや難しさが感じられる仕事ですが、それがこの仕事の醍醐味と言えます。一人前になるまでは簡単ではないですが、上司・先輩が丁寧に指導・育成しますので、心配はいりません。

■新材料・新製品の研究開発職
営業担当者がヒアリングしたお得意先のニーズを具体化する新材料の開発や新製品の研究・開発が主な仕事となります。海外からの技術導入、新材料の開発が研究開発型企業である当社の源泉となっています。これからも、新材料・新製品の研究開発には力の注いでいくところです。お得意先の希望・要望に応えられた時や、独自に開発した材料・製品が市場で認められた時が、この仕事での大きな喜びとなります。

●入社後は総合的な知識と技術を身に付けることからスタート。
3年程度を目安にジョブローテーションし、当社のモノづくり全般を学んでいただく予定です。

<営業系総合職~理系対象~>

■営業職
産業機械メーカー・建設機械メーカー・中間処理業者、などに対して、当社の溶接施工技術による製品などを販売するのが主な仕事になります。当社のロックウェル溶接技術は、金属表面の改質(耐熱・耐食・対摩耗)に優れており、お得意先から高い評価を頂いております。当社の製品(部品)は競合他社に比べて、高品質で耐久性に優れており、機械のメンテナンスまでの期間を長く保つことが可能です。お得意先は、大企業から中堅・中小企業に及びますが、お得意先の希望・要望に応えることができた時の達成感や、お得意先から寄せられる信頼はうれしい限りのものとなります。

続きを見る

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

採用情報

求める人物像・選考基準

2018年3月4年制大学卒業予定の方、または修士課程修了予定の方
●理工系学科/金属系・機械系・化学系・材料系・物理系の専攻が活かせます。

【オンリーワンのコア技術・世の中にまだない材料の開発】
意欲がある方には、幅広い仕事にチャレンジできる環境があります。

・自分の可能性を試してみたい方
・新しい世界へ飛び込んでみたい方
・自分で考え、より深く仕事に取り組んでみたい方
・責任ある仕事を任されたい方
・世界屈指の技術を身に付けたい方

あなたのエントリーを楽しみにしています。

続きを見る

会社情報・採用情報

会社情報

事業内容溶接技術を活かした部品開発と製造およびメーカーとしての自社製品の
企画から開発・販売・施工

【主な製品】
・大型溶接構造物の製作
・表面改質肉盛溶接の施工(耐熱・耐蝕・耐摩耗)
・産業機械設備や環境設備機器の販売
・新材料、新技術の開発

【主な自社製品】
・減容圧縮成形機「SNYG Extruder」
 プラスチックや木材などの廃材を砕いて、圧縮して固めたチップ状にして資源化する機器です。
 当社製品は3条スクリューを採用することで高い圧縮率を実現。
 
・ハイブリッド工業用刃物「ROCK-CUTTER」
 特殊肉盛り溶接によって表面改質を行ったハイブリッド型刃物です。
 刃先は固く内部は強くてしなやかなため、耐摩耗性と耐衝撃性を併せ持ち、
 ランニングコストの削減に大きく寄与。また、各種スペックによりどのような環境下でも
 効果を発揮できます。

・超硬合金肉盛鋼板「ROCK-PLATE」
 2種類の比重の異なる超硬質粒子を均一に分散した高い耐摩耗性と耐衝撃性を併せ持つ
 当社開発の超硬合金肉盛鋼板です。

・超耐摩耗溶接「ROCK-WEL」
 ROCK-PLATEの技術を応用し、進化させた当社オリジナルの加工技術です。
 過酷な条件下での連続稼働が要求される消耗部品に超硬合金を肉盛施工することにより、
 その部品自体の耐用寿命を飛躍的に向上させることができます。
 また溶接可能なあらゆる材質での肉盛施工を可能としています。 
設立1963年2月
創業1959年(昭和34年)1月
資本金3000万円
従業員数70名
売上高14億1700万(2016年8月)
代表者代表取締役 辻野 充
事業所【本社・本社工場】
兵庫県神戸市中央区港島南町3-6-5
 
【東京営業所】
東京都豊島区南大塚3-34-7 丸善大塚ビル7階C号室

【北陸工場】
石川県能美市粟生町西103-1(粟生工業団地内)
沿革1959年1月
特殊溶接棒の製造販売、特殊溶接工事の施工を主たる目的として、尼崎市にて事業開始。

1983年1月 
株式会社クボタ(旧社名久保田鉄工株式会社)との共同出資により、株式会社久保田テクノを設立。
FCCバルブのメンテナンス会社として事業を開始。

1994年5月
製缶ギアー専用工場として北陸工場新設。

2000年6月
CUTTING & WEAR社と技術提携を結ぶ。
QuickTipの国内初のライセンスを取得。
超硬分散肉盛製品ROCK-PLATE製造販売。

2001年11月
「新日本溶業株式会社」に社名変更し、北陸工場増築。

2003年9月
資本金を30,000,000円に増資。

2004年4月
ハイブリッド型工業用刃物ROCK-CUTTER販売開始。

2006年6月
製缶ギヤー生産能力増強のため、北陸工場に機械加工棟を増設。

2008年6月
減容圧縮成形機SEシリーズ販売開始。

2008年7月
本社・工場を神戸ポートアイランド(第2期)に移転。

2008年12月
全社でISO9001:2000の認証を取得(04649)。

2010年7月
全社でISO14001:2004の認証を取得(06524)。

2012年4月
新材料の開発に注力するため技術部を新設。

2014年3月
半導体レーザー溶接システム、走査型電子顕微鏡を導入。

採用情報入社後のモデルケース

新卒の方
採用人数今年度予定 1~5名
昨年度実績(見込) 1~5名
初年度
月収例
月23万円程度(月給制)
選考例
  1. WEBエントリー締切 随時

  2. エントリーシート締切 随時

  3. 説明会随時

  4. 面接随時

  5. 内々定随時

応募・選考時
提出書類
エントリーシート、履歴書、その他
その他の
ポイント

住宅補助あり、資格取得奨励金あり

連絡先:
新日本溶業株式会社 業務本部

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町3-6-5
TEL:078-306-0515 FAX:078-306-0516
E-mail  snyg@snyg.co.jp  
URL  http://www.snyg.co.jp
<お問い合わせは、業務本部 担当の藤本までお気軽に。>